無印良品のイヤーマフが地味に、でも確実に進化している

今日は東京にも雪が降った。

といっても本当にぱらつく程度で積もることもなかったけれど、まぁでも寒かったのだ。つい数日前は「オッ、春か!?」という暖かさだったというのに、人々を油断させておいてしっかりと本気を見せてくる、冬の常套手段である。

- - -

まわりにずっと薦めている防寒具がある。それが無印良品イヤーマフである。いわゆる耳当てだ。

f:id:kitamuki:20190209202013j:plain

こいつである

無印以外のものでもいいのだけれど、こいつはいわゆるカチューシャのように上からかぶるのではなく、後ろーー後頭部から持ってきて耳に当てる。
ヘアセットなどしていても髪型がつぶれることなくつけることができるので、男性でもつけやすいのだ。

耳当てもせず寒がっているひとは一度だまされたと思ってつけてみてほしい。冬を生きやすくする手段は耳を塞ぐことだったのか、と気づかされると思う。
耳をイヤーマフ、鼻はマスクで覆い、首をマフラーで塞いだらモッコモコのダウンを着る。そこにおしゃれはない。ただ、暖かさがある。いいのだ、おれは寒いのは嫌なのだ。

- - -

で、ここからが本題なのだけど、そのイヤーマフが知らぬ間に進化していた。気づいたきっかけは毎年使っていたイヤーマフの紛失である。耳がちぎれそうになりながら無印へ駆け込み、新しいそれを買うとあることに気づいたのだ。

「あれ、イヤホンがしやすくなってる」

そうなのだ。イヤホンがしやすくなっていたのである。というのも、今までは耳当て部分がみっちり中が詰まっていたので、イヤホンの上からそれをつけると、どうしても耳が圧迫されて痛かったのだ。もう、それはそういうものなのだと思っていた。

しかし新しいイヤーマフはというと、耳当ての中が空洞になっており、それを覆う形で布が張られる、という工夫がされていたのだ。ボンゴとかの太鼓をイメージしてもらえればわかるだろうか。

f:id:kitamuki:20190209203932j:plain

伝われ!図解!

リニューアルした理由は定かではないが、おそらくイヤホンのしづらさを解消させるためだったのではないかと思う。気づいたときには「もう!」と思った。もう!無印ったら本当に静かに改良を重ねるんだから!である。

無印はいつだってそうなのだ、コロコロクリーナーのテープがいつの間にかちぎりやすくなっていたりなんだり、すーぐお客様の声を反映して改良してしまうのである。

「身のまわりのものを無印で揃えたくねぇー」という反骨心もありながらどうしてもわくわくと足を運んでしまうのは、この開発のスピード感にあると思う。
無印の商品を紛失した時、それはピンチではない。「もう!無印ったら!」に触れる絶好のチャンスなのだ。

2018年書いた記事をざーっと振りかえる

2018年も最終日、ひとは今日を大晦日と呼ぶ。月末を「晦日みそか・三十日)」と呼び、その年最後の晦日を大晦日と呼ぶのだそうだ。

まぁそんなことはさておき、2018年はけっこう頑張って記事を書いたので、ちょっと自己満足のためにまとめさせてください。帰省したりなんだりでやることなくて暇だったらよかったら読んでね。

1月
デイリーポータルZ(以下DPZ)で記事が2週に1回となったのがこの1月(今までは月1だった)。2記事ともわりと評判がよくその月のMVPをもらった今年のハイライトだ。1年のピークが早かった。

・日常を、ガイドブック風ポーズで華やかに! 

!

・“レンズが反射して表情がわからない眼鏡キャラ”になる 
ãããããã¾ã

眼鏡の反射のやつは半年後くらいに他の方がLEDつきの眼鏡を作って大バズりしたらしい。制作者もこの記事も読んでいたらしいので多少恩恵が欲しいと思いました。そういうことがよくある。

2月
掲載の日付の関係上この月は1本だけ、しかも地味な企画であった。読み返すともう少し広げてやってもよかったよなと思う。掲載ペースに慣れないなかの試行錯誤が見えるなー。

・あなたのやってみたいプチ贅沢、代行しました。 
!

3月
あーそうそうプロフィール帳たのしかった!架空駅弁については企画が通ったあと、そういえば自分には料理の素養もなければ鉄道も地理も詳しくない、と気づいてひいひいと書いた記憶があります。でも鴨肉はすごいおいしくできた。

 ・“プロフィール帳”は大人になっても更に楽しい! !

・架空の駅の、架空駅弁を作ろう 
ææã®åç©é§å¼ãã§ãã¾ããã

4月
脅迫状の遊びも楽しかった。このあと井上マサキさんはクイズ99人の壁で100万円を獲得します。部屋を警告色にしたのも結構思い出深い。本当に長時間部屋にいると動悸がするのだ。

・”脅迫状を作ったあとの新聞”から脅迫状を推理して遊ぶ !

・警告色に囲まれると落ち着かない ããã¯é»è²ã¨é»ã®ä¸ç

・外で回転寿司をするための7つのコツ 

5月
ネット広告の記事も作っていて楽しかった。撮影協力いただいたトルーさん江ノ島さんに「この撮影の正解がわからない」と手応えのなさをふんだんに与えた記事。このおふたりには下半期も大変お世話になりました。

・架空修学旅行のしおりを作る 

・ネット広告が具現化された世界の話 ãããªã£ã

6月
ありがたいことにアイスムでの連載が始まる。漫画+エッセイという、また全く異なる挑戦でした。iPadApple pencil買ったり、この漫画用の絵柄を作ったり「そこから!?」というスタート。今見るとがんばってるけど下手だ。

・おいしくて探しづらいミニストップの“手づくりおにぎり”を推したい 

・月刊住むひと vol.01 小田急小田原線 経堂駅 徒歩14分 賃料7.0万円æåä½ãã²ã¨ vol.01 å°ç°æ¥å°ç°åç· çµå é§ å¾æ­©14å è³æ7.0ä¸å

7月
たぶん今年1ネットで評価されてたのが7月のキラカードの記事。わりとパッパッと書けたやつだったので反響に驚く。労力と比例するものでもないんだなーと知見を得つつ、とくにその知見が今後に生かされたわけでもない。

・写真にギリギリ写り込み王決定戦 ã­ããã¨ã­ãµã¤ãã£ã³ã°ãªåãè¾¼ã¿ãç®æãï¼

・全部キラカードにしたらワクワクする !

・アルコールだけが飲み会か~牛乳編~ 

・月刊住むひと vol.02 西武新宿線 下井草駅 徒歩11分 賃料7.4万円 ペット可æåä½ãã²ã¨ vol.02 西武æ°å®¿ç· ä¸äºèé§ å¾æ­©11å è³æ7.4ä¸å ãããå¯

あとなぜかアイスムの連載2回目で絵が上手くなる。

8月

食べ物のかわいさに気づいた8月。ちょうどこの頃からDPZで「ライター反省会」という、ライターの暴走ぶりを笑って振り返るコンテンツが始まり「はっ、もっとパッションをぶちまけてもいいのか!」という衝動にかられ、最終的にはシュウマイランプを抱えてひとりで横浜へ繰り出します。

・おつまみ盛るならアイスクリームディッシャーで 

・シュウマイランプ、横浜へ行く ã·ã¥ã¦ãã¤ã«è¦ããã§ããããåãã¾ãï¼é»æºãã確ä¿ã§ããã°ï¼

・月刊住むひと vol.03 JR京浜東北線 西川口駅 徒歩12分 賃料5.5万円 ロフト付き

シュウマイランプ、バズりとは無縁でしたが根強いファンがいる好きな記事。

9月
あれよあれよと参加者が7人まで増えてしまい大わらわになった主人公になる記事。今振り返るとばかばかしくて楽しかったけど、撮影は夜じゃない方がよかったんだろうな。カメラマンの安藤さんに「この撮影の正解がわからない」と手応えのなさをふんだんに与えた記事。

・光を上から当てれば主人公になれる åé¡ã§ãããã®ãªãã«ä¸»äººå¬ãä¸äººãã¾ã

・数字のろうそく、最後まで炎が消えないのは「ゼロ」 2試åãçµããçµè«ã§ã

・月刊住むひと vol.04 東京メトロ千代田線 町屋駅 徒歩9分 賃料6.4万円 一口コンロ

10月
鹿児島シリーズ。「ただの会社員が記事書くために鹿児島に行かせてもらえるなんてなぁ」と感慨深かった、これも今年のハイライトだ。盛大に電車を間違えて青ざめた顔で1時間くらいタクシーに乗った思い出。忘れたい。

・日本に7頭しかいないマサイキリンに会いに鹿児島へ å¤§å¤ããæããããã¦ãããã¾ãã

・かき氷の白熊 発祥の地で4色の熊を食べる 

・月刊住むひと vol.05 東急池上線 蒲田駅 徒歩4分 賃料7.8万円æåä½ãã²ã¨ vol.05 æ±æ¥æ± ä¸ç· è²ç°é§ å¾æ­©4å è³æ7.8ä¸å

アイスム蒲田編も、変なマンション名をテーマにした最高傑作。この月はDPZ16周年の生放送も2本参加したしめちゃくちゃがんばった。

11月

たかをくくっていたら思ったより製作時間が膨大になってしまい平日土日と泣いた11月。こういう時間の見立ては一刻も早く身につけた方がいい。こういう作業自体がきらいじゃないのがいけない。

・個包装にすれば高級感が出るのか、という実験 

・映画紹介イラスト風に、最終的には実家を紹介する 

・月刊住むひと vol.06 JR南武線 分倍河原駅 徒歩10分 賃料6.9万円 半地下

12月

カメラマンの米田さんに「この撮影の正解がわからない」と手応えのなさをふんだんに与えたキリンケンタウロスの記事が今年の締め。知り合いまわりで話題沸騰しました、悔いなし。マサイキリンの取材対応してくれた平川動物公園の職員の方々もこんな形でキリン愛を昇華されるとは思ってなかったと思う。

・みんなで決めよう!指輪ケースに入れたいもの 

・キリンケンタウロスになりたい 

・月刊住むひと vol.07 東急田園都市線 三軒茶屋駅 徒歩10分 賃料7.2万円 〜スマートスピーカーと風邪〜

æåä½ãã²ã¨ vol.07 æ±æ¥ç°åé½å¸ç· ä¸è»è¶å±é§ å¾æ­©10å è³æ7.2ä¸å ãã¹ãã¼ãã¹ãã¼ã«ã¼ã¨é¢¨éªã 
あまり読まれてなかったけど、月刊住むひとも良い回です。

 

そんな2018年でした
という具合でした。お会いした方々が「読んでます」「あの記事が好きです」と言ってくださるのが本当に励みになりました。まじで嬉しいんです、あれ。あと、意外とひとによって好きな記事が違うのも嬉しかったな。いろんな記事書こう〜と思いました(この記事のコメントで好きだった記事のこと書いていただいてもいいのでね)。

2019年はもう少し記事の執筆ペースを落とすことになろうかと思います。とはいえ引き続きがんばりますので応援よろしくお願いします。

おしゅまいです。

「おてぴ」と打てば「お手数ですが添付pdfをご確認ください。」と出てくるという、だらけた仕事術

手抜き仕事術
先日のデイリーポータルZ 16周年イベントに出演したとき会社員枠として「仕事術をなんか出して」と言われ、出したのが「鬼のように単語登録をしている」という話。
これがなんだか思っていた以上に”ええやんけ”という評価をいただいたので、せっかくだから自分が登録している単語の一部を紹介しようかなと思います。

f:id:kitamuki:20181222172946j:plain

そのときに話したのが、上の画像の通り「おてぴ」と打てば「お手数ですが添付pdfをご確認ください。」と出てくるものなのだけど、こういった具合でよく使う言葉を3文字程度で登録しています。

ポイントはこの”3文字程度”という点で、2文字だと予期しないところで勝手に変換されてしまったりするので、3文字かつ普段使わないような文字列で登録することをおすすめします。

例えばこんな。

■あいさつ・お礼
「いつで」→「いつもお世話になっています。○○の北向です。」
「ありが」→「ありがとうございます。」
「ありた」→「ありがとうございました。」
「いじょよ」→「以上、よろしくお願いします。」

■指示系
「みもお」→「見積もりお願いします。」
「いだう」→「以下URLよりダウンロードください。」
「ごかよ」→「ご確認のほどよろしくお願いします。」

■文章補足
「ひょだ」→「表題の件、」
「けめ」→「件名の通りです、よろしくお願いします。北向」
 「いたさい」→「いただけますと幸いです。」
「げつ」→「(月)」…ほかすべての曜日

■スミカッコ
「じょき」→「【情報共有】」
「でんれ」→「【電話連絡】」
「みもい」→「【見積依頼】」

そのほか、だいたいの協力先の会社名+担当者名や専門用語。

できるだけ楽して働きたい
「あ、この言葉よく使うなー」と思ったらその都度いろいろ増やしてカスタマイズしている具合です。10数文字打ったら簡単なメールは完成するので便利〜。予測変換も、予測で出るか確実じゃない状況で地味に探すラグなどもあるので、一思いに登録した方が早いと思います。

「いまだに文章でやりとりなんてしてるの?」なんて声もあるかもしれないですけど、まあ職種や業種によってはけっこうメールを打つ時間とかってバカにならないじゃないですか。こうやってすこーしずつ省エネしていって、みんなで仕事を楽にしていけるといいなと思います。

こんな単語登録してる!とかお得な情報あればぜひ教えてください!ね!

鹿児島県民は信号を守る

9月の末、はじめて鹿児島へ行った。

2泊3日、取材も込みなのでほぼ自由時間はなくすべてにおいて駆け足になってしまったのだけれど、それでも「鹿児島いいとこだなー」と思ったことがあって。

それが”みんな、めちゃくちゃ信号を守る”ということ。や、これたまたまかもしれないし、筆者の過ごした鹿児島中央天文館エリアのみかもしれないのだけど、これが一番驚いたことだった。

大きな繁華街・夜中・短い横断歩道、なんて条件が重なったら都内だったらササッと渡るひとが結構いると思う。ただ鹿児島のひとたちは本当に全員がしっかり信号を守って渡っていて、「すげー!」と思った。頭の悪い感想で申し訳ないんだけど、すげー!と思ったのだ。気持ちがよかった。

他にも電車に乗ればしっかり詰めて席に座るし、桜島で紛失したキーケースをわざわざ届けてくれるし(これは本当に死ぬところだった)、ここに来るまでは全然知らなかった鹿児島の人たちに触れ、いたく感銘を受けたのだった。

美味しいものもあるだろう、温泉や歴史ある建物もあるだろう、そんなことより鹿児島のひとたちに会いにここへ行って欲しい。そんなことを思った。

f:id:kitamuki:20181124121615j:plain

写真は偶然街路樹が重なってカーニバルっぽくなった大久保利通

20年前のハロウィンのこと

オチも何もない話だけれども。

- - -

はじめてハロウィンをしたのは20年以上前の小学生の頃。当時住んでいたマンションというのが、どの家庭にも子どもがいて、しかも子どもはみんな小学生以下、というわりと特殊な環境だった(いま考えるとかなり恵まれた環境だ)。で、ある年からそのマンション全体でハロウィンパーティーが開かれるようになったのだ。

当時はハロウィンの認知度なんて本当に低いもので、知識としては持っていたとしても、それこそ「スペインではトマト祭りというものが8月に行われるらしい」と同等の遠い国のイベントだったと思う。

そんななかでなぜハロウィンが開かれたかというとそのマンションにアメリカ帰りの家族がいたからで、彼らの提案でこの催しが見よう見まねで立ち上がったのだった。「トリックオアトリートというらしい」「各家庭でお菓子を用意しよう、仮装もするんだそうだ」よくわからないなりに各家庭が準備を進める。ハロウィン文化の普及前、仮装グッズなどあまり出回っているものではなかったので、各自工作をする形で10月31日を迎えた(おれは黒いゴミ袋でゴジラに扮した記憶がある。なぜ)。

当日は大いに盛り上がった。何せどの家のチャイムを鳴らしてもお菓子がもらえるのだ。「103号室でチョコもらえるぜ!」「207号室のお菓子の量すげぇ!!」妖精、なんらかのヒーロー、ゴジラ。つたない、思い思いの仮装をした子どもたちが情報交換をしながら次々と家を回る。意味もわからないまま異国の呪文を叫び、ウハウハとお菓子をカバンに詰めていく。

そうだ、あれは確かにハロウィンだったよな、と昨日今日のハロウィンのニュースを見ながら久々に思い出した。とても楽しいイベントだった。

父親がニンジン嫌いであることをはたち過ぎてから知る

うちの父親はニンジンがきらいだ。

まあ誰しも苦手なものくらいあるだろうけど、なぜかその事実はずっと伏せられてきて、あるとき我々子どもたちが全員大人になったタイミングで「実はおれはニンジンがきらいなんだ」と打ち明けられた。

子どもたちの食卓にニンジンが並んだ時も、うまく父親のメニューにはニンジンが入っていなかったらしい。その事実を聞かされても「あぁ言われてみれば」というような思い当たる節もまったくなく、誰も気づかずここまできたので相当上手に隠してきたのだろう。

それは父親の威厳のためだったのだろうか、それとも子どもたちがニンジンに苦手意識をもたせまいとしたことなのだろうか。理由はわからないけど「父親がニンジン嫌いだということを子どもたちに隠し続ける」という夫婦の連携プレーがここまでされてきたことが微笑ましく、笑った。

たまには記事を振り返ろう【デイリーポータルZ 2018年3〜4月編】

最近デイリーポータルZでも記事の振り返りが記事や動画でよくされていて、制作の裏側とか記事に対するツッコミとか、そういうのを読むのが自分は大変好きなんだなと思いまして。

今まで自分の記事も公開されたらそこがゴールだったのですが、一度振り返ってみるのもいいかもなと感じたのでやってみます。今回は寄稿させてもらっているデイリーポータルZの記事、3〜4月編。それ以上前のやつはもう忘れました。

 ーーー

2018年3月1日

我々世代ならだいたい小学生の時に通ったであろうプロフィール帳。あれをいまやったら楽しいんじゃないの、という企画。協力いただいたメンバーも豪華で、まぁすげえ楽しかったです。

プロフィール内のおもしろ回答を拾っていくことを中心にするか迷ったのですが、内輪になりそうなので全体的な雰囲気や会話の様子をメインにしたような記憶があります。あれ、やっぱりもうあまり覚えてないな。

楽しいんですが真面目に書いてもらうと1時間くらいはかかるので機会を選ぶぞ、プロフィール帳。

 ーーー

2018年3月18日

駅弁を作りたかったので、架空の駅の設定から考えた記事。

企画が通ったはいいけれど、地理や地形の知識もない、鉄道も詳しくない、そもそも料理もままならないという、武器が何もない状態でやべえやべえと進めました。妄想一辺倒の記事、どれだけ読んでもらえるかはさておき書くのはとても好きです。

架空の名産品として作った「鴨肉のシラヌヒソースがけ」というメニュー、かなり美味しくできたんですけど、シラヌヒ(という柑橘系の果物)ひとつで500円くらいしたんでまあそりゃうまいよなという変なお金のかけ方をしていました。ちくわぶのからあげは美味しくなかったです。ありゃあむずかしいわ。

最後の駅の写真は確か三鷹駅です。

ーーー

2018年4月2日

今までのロケで1位2位を争う楽しさだった記事。

大喜利的要素があるぞということでライターの井上マサキさんとトルーさんという大喜利戦士たちを招いておれの出題した課題に答えてもらいました。キャスティングを褒めたい。

個人的には大好きなんですけどあまり数字は伸びなかったようで、ゲーム系は文字にするのが難しいなとも感じました。映像向きなのかも。いや、おれの力量ですね。

冒頭の茶番がお気に入りです。この数ヶ月後井上さんは『クイズ99人の壁』で100万円を獲得します。

 ーーー

2018年4月16日

警告色に囲まれると落ち着かないのだろうか、と試して、 警告色に囲まれると落ち着かないなぁと思った記事。タイトルがすべてですね。

本当にあの部屋長時間いられないんですよ。ドキドキするので撮影は休憩しながら進めました、色の効果ってすごい。

はじめて家の中だけで完結させた記事。大きな展開がなくてもどうにかなるものなのか、ということに気づいたのがこの回だった気がします。毒タマゴズシモドキがかわいい。

ーーー

2018年4月26日

「外でやらないことを外でやる」という特別企画に声をかけていただき、嬉しくて二つ返事で参加した結果の迷作。

無鉄砲な記事にも挑戦してみよう!という自分の中のテーマのもと発破をかけたは良いものの、本当にまとまらなくてダラッダラ冷や汗かいた記憶があります。ちょっと自分でも読み返すの勇気いりますね。GIF動画にも挑戦してみたかったんです。

指摘されて気づいたんですけど、寿司とかチャーハンとか、おれの記事にはお米が登場しがちです。今のところ3大迷作のうちのひとつ。

 

…という感じで振り返ってみたんですけど、どうでしょうか。これ読める?どうなのか?

ともすれば「自分語り乙ww」なのですが、個人的に振り返るのは良い機会だと思うので評判悪くなかったらたま振り返ってみようと思います。

では、今日はここまで〜。お相手は北向ハナウタでした。